FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

叡電沿線

kibune



日記の更新をサボっておりましたm(_ _)m

叡電沿線を歩きました。
雨が降るとの予報でしたので、どうしようか迷いましたが、貴船神社は「水の神」(タカオカミノカミ・クラオカミノカミ)を祀る神社なので、「雨天決行」とあいなりました。




茅の輪


第一の目的は「茅の輪」くぐり。
6月30日は「夏越の大祓(なごしのおおはらい)」と言って、
半年の間に知らず知らずのうちについた罪・穢れを祓う儀式が、全国の神社であります。
茅の輪をくぐり、紙の人形(ひとがた)に名前を書いて川などに罪・穢れを流してもらうのです。

貴船神社でも25日から「茅の輪くぐり」が始まりました。
茅の輪をくぐり、参拝してから、本殿前の御神水をいただきました。
貴船神社の御神水は、とてもいい水です。
この日の御神水は、いつもにも増して甘くおいしく感じられました。

本殿から500mほど上の「奥宮」にある「舟形石」の小石は、交通・旅行の御守りになります。
本当に御利益がありますよ。
古い小石をここに返して、新しい小石をいただいて帰りました。
小石は、奥宮の入り口前の手水(湧水)で清めて持ち帰りました。




貴船川


「川床」で有名な貴船川。
貴船の神が宿る神聖な川でもあります。


駅


次に降りた駅は「岩倉」です。
先日、ヨッシーくんとヒロくんに取材をお願いした、
大雲寺と石座神社に行くためです。

残念ながら、大雲寺は見る影もなく、肝心の井戸も見当たりませんでした。



石座神社


実相院、大雲寺の近くにある石座神社(いわくらじんじゃ)
岩倉に住む方々にとっては、産土ですよ。
年に一度は参拝しましょう。

ただ、ここも残念なことに
私が本当に行ってみたい神社ではなかったようです。
元々の石座神社は、ここの少し下にある山住神社。
主祭神は石座明神。
たぶん岩が祀られていると思います。
どうしてこの神社が気になっていたか・・・。




石くら比古比賣神社


この画像は、石くら比古比賣神社(いわくらひこひめ)。
京都・岩倉の神を勧請(分霊をお祀りする)した神社です。
どこにあるか?

当ててみてください。
先ずは、最近お姿が見えないyoshi-tくん。
この神社に、見覚えはないかな?


それはそうと・・・
岩倉辺りを歩いていて、最初は気づきませんでしたが、
何となく見覚えのある道・・・。

その昔、ここの辺りを自転車で走ったような記憶が・・・。
スポンサーサイト
Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment11  |  Trackback

nikichiといやぁー、川だ

kawa1


nikichiに行けば、とりもなおさず川、川、川。
関西人は若狭の夏と言えば海ですが、nikichiな人なら川です。

海にも行きはしましたが、その100倍は川で泳いでます。

子供の頃、一人で朝から夕方までこの川で過ごしたこともあります。
おばあちゃんに作ってもらった「白玉粉」を餌に、朝から釣り。
昼ごはんを食べに戻って、すぐに川で泳ぐ。
涼しくなってきたら、また釣り。
白玉粉が無くなったら、川の石ころをひっくり返してつかまえた蜻蛉の幼虫を餌にしました。



kawa2


釣れるのはちっこいウグイ。
昼間に潜って、魚のいる場所はわかってるんだけどなかなか釣れません。
でも少し下流に行くと、デッカイのが釣れるポイントもあるんですよ。


kawa3


今年は雨がよく降ったわりには、川の水量が少ないみたいです。
私の子供の頃の流れに似ています。

泳ぐなら、プールや海ではなくて
nikichiな人ならこの川ですね。
Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment31  |  Trackback

nikichiな初夏

焼き鯖と小鯛の笹漬ファンのご近所さんが、三方五湖へ行くと聞いて、たまらずニキチへ行きました。
毎度のことながら、いつでもnikichi行きは当日決めです。

toshichan ご一家には声をかけようかと迷いつつ、ご近所さんとの合流もあるので落ち着かず、今回はヌケガケさせていただきましたm(_ _)m
結局ご近所さんとは、箸匠せいわと朽木屋に行っただけでしたが、おかげさまでゆったりとリフレッシュさせていただきました。

お詫びのしるしに、今のnikichi情報をば。
ヨッシーくんとヒロくん、蛍を見たことありますか?



hotaru1


子供の頃、初めて中井で蛍を見たときは感動しました。
その頃飛び交っていた蛍は、普通の小さな蛍でした。
ここ5~6年、ほとんど毎年のように蛍を見ますが、最近のnikichi周辺を飛んでいるのはゲンジボタルです。
7月初旬までは見られるようなのですが、蛍の命は短いのです。


hotaru2


どこにでもいるわけではなくて、旧家の厠(トイレ)辺りからイモリの池の周辺でしか見ることが出来ません。
生い茂る葉が、街灯に照らされてキラキラ光っています。
「なーんや、反射した光かいな」と諦めず、
よーーーぉく目をこらして見ると、2~3匹は見つけられると思います。
この週末にも、きっと見ることが出来るでしょう。
6/9の夜は、5~6匹のゲンジボタルを見ることが出来ました。

さてさてここで新しい情報です。
焼き鯖、小鯛の笹漬に続く若狭名物の登場の予感。
仮称「田烏のイカ」なり。
小ぶりのイカの一夜干しを、軽く焼いたような串刺し。

見かけからは想像も出来ない、サプライズな食感と味覚。
GWにyoshi-t くんからおすそ分けしてもらったイカ。
田烏の魚屋さんにあると聞いてました。
yoshi-t くんにメールしても返事なし。
敏子のおばちゃんに電話しても応答ナシ。
田烏に直接行ってみましたが、開いてる店なし。
でも、海がきれいだったので許す。



wakasawan

Home |  Category:季節 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback

nikichi なグラス

nikichi なグラス


nikichiで飲むなら、このグラス。
ビールの銘柄や、絵が付いた昔ながらのコップ。

このグラスも、あと3つだけになってしまいました。
どこかで探して、補充しようと思います。

一番欲しいのは、昔の「アサヒ」のマークのグラス。
どこかのフリマで見たんやけどなあ・・・
Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback

東京レポート(6/4) by日暮の"とし"

今日はとっても二日酔いで午後2時過ぎまで寝てしまい、久しぶりに晴れた
東京の日曜日を無駄に過ごしてしまうところでした。

時間的なことから、私が住んでいる近所を散策することにしました。
日暮の"とし"とは、日暮里地区を名のっているわけですが、実は住んでいる
のは千駄木(せんだぎ)四丁目です。
辛うじて「文京区」なのですが、実は1分歩けば田端(北区),3分歩けば
谷中(台東区),5分歩けば西日暮里(荒川区)ということで、いろんな顔
を持った下町地域です。
単に普段使っている山手線の駅が西日暮里なので…。

さて、マンションを出ておよそ10分ほど歩きますと、「谷中霊園」に到着。
谷中霊園は東京三大公共墓地の一つで、広さ10万平方メートル・約6千の
墓地を有しています。緑に覆われており、アベックや家族の散歩道として、
また、ドラマのロケ地としても多く利用されています。
この霊園は多くの歴史人や著名人が多く眠る墓地で、特に、徳川家の墓地の
広さは圧巻です。

谷中2



見にくいかもしれませんが、霊園案内図の白い部分は全て徳川家のものです。
その中でも一番大きいのは、15代将軍・徳川慶喜のものです。



慶喜墓所





谷中霊園を過ぎたらすぐに上野桜木通りを抜けて不忍通りへ。
根津を経由して池之端を通ると不忍池が見えてきます。
不忍池は上野恩賜公園にあり、パンダで有名な上野動物園もここにあります。
写真は湯島側から不忍池(蓮池)を写したものです。


s-PICT0978(不忍池)



谷中付近といい、上野といい、とっても緑が多いでしょ?!
山手線で約7分で東京駅とは思えないこのロケーション!





s-PICT0980(湯島神社)


湯島天神は学問の神様で有名で、天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)をまつっています。
学問の神様らしく、修学旅行の団体が多くお参りするようです。

今日の散策はここまで。
歩いておよそ1.5時間、およそ片道4Kmの道のりでした。
正直、郷里・岡山の市内よりよっぽど自然と人情・風情があるところです。

ではまた。

Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback

私が主治医を変えたワケ

「医者の不養生」という言葉があります。

でも、場合によっては笑い事ではありません。

ここんとこ、薬による血圧の治療を受けています。

30代半ば頃から、会社の健康診断で血圧の高さを指摘されていました。

「治療をお勧めします」というコメントから、40代に入ってからは

「笑い事ではありません」

と、しかられるようになりました。

治療を受けるようになってからも何度か途切れたりしましたが、

昨年夏頃からはちゃんと続けています。



ところがずっと通っていたN医院の先生は、

実はちょっとした「病気持ち」だったのです。

最初は知らなかったんですが

「Kさんも気をつけてくださいね。

私なんか、糖尿で失明寸前ですから」

「・・・」



この先生を信じていて、生活習慣病が治るのか?

ちょっと不安になりました。

「高価ですが最高にベストの薬ですから、続けてくださいね」

「最高」で「ベスト」な薬なのにいっこうに改善が見られませんでした。

それでも、N医院に通い続けた理由は、

待ち時間が少なくて診察も適当、ちゃっちゃと終わって

1ヶ月分の薬をくれる便利さからでした。


しかし、最初っからヘンでした。



「Kさん、ご両親のどちらか高血圧でしょ」

「うーん、父かなあ・・・」

「高血圧はね、遺伝なんですよ」

「Kさん、煙草は?」

「飲みに行ったときとかを別にすれば、日に2~3本」

「2~3本やったら、止めはったらええのに」



私は煙草が止められないのではなくて、ZIPPOが好きで煙草を吸ってるんです。

しかし、いかに1ヶ月に1回の通院とはいえ

この会話が毎月毎月判で押したように、半年も続くと頭にきます・笑。

薬は5月1日で切れるので、GWを前にした28日にN医院に行く予定でした。



しかしなんとN医院さん、28、1、2日は休院の張り紙が・・・。

薬が切れると不安なので、嫁お勧めの別の病院に行くことにしました。

その I クリニックは、N医院から200mほどしか離れていません。

しかし、待合室の患者さんの数は10倍を下らないでしょう。

血圧を測ってくれた看護婦さんに、普段飲んでた薬を言いました。

「・・・」

しばし無言。

「続けてんのに、効果ないみたいなんス」

「・・・、先生がきっと、もっといい薬を紹介してくれますよ」

「N医院では、最高の薬って説明されてたんですが・・・」

「先生がきっと、もっといい薬をくれるはずですよん♪」

以来約1ヶ月たちますが、Iクリニックの先生は信頼出来そうです。




ところで先日、会社の健康診断がありました。

結果には自信がありません。

特に肝臓・・・。

昨年の健康診断ではバリウムをパスして、

同僚のヒンシュクを買いました。

今年もパスしました。バリウムを飲む趣味はありません。

居酒屋やBarに置いてないものは、男の飲み物ではありません。

あんなもん飲んで、胃をこわしたらどーしますかって。


しかしまあ、中年になりゃあ、健康には気をつけなくてはいけません。

「健康」と言えば、ずっと前から気になる看板がありました。

天河神社や明日香への行き帰りに見る

奈良県御所市にある健康ドリンクの看板です。



イソビタン


真剣なのかパロディーなのかパクリなのか。

とにかく笑えます。

この製薬会社のHPを見て、もっと笑ってしまいました。

「イソビタンD」だけじゃなかったんです。

風邪薬の「パプトンゴールド」に「フクエフ錠」

頭痛薬の「ツーシン」

HPは、実にまじめに作られているのですが

大笑いさせていただきました。


Home |  Category:お笑い |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback

ソテツ

sotetu


ソテツという植物は、南の国からの外来植物だと思っていました。
調べてみると、ソテツは日本に自生する植物なのだそうです。
ただし、やはり九州から琉球に自生する植物らしいです。

九州などでは、南国の雰囲気を出すものとして
公園や街路樹として植えられています。

ソテツの林とか森は見たことがありません。
やはり「観賞用」として、人の手で植えられるものが多いようです。

南国の植物であるはずのソテツですが、関西でもよく見ます。
神社の参道、鎮守の杜にも時々見かけます。
確か、nikichiのお墓のそばにも生えていたと思います。

どうして、あり得ない場所にたくさん生えているのでしょうか?
風で飛ばされるような種ではありません。
そう言えば昔、母がソテツの種をコケシなどといっしょに飾っていたような記憶があります。
カラカラに乾燥させたソテツの種の、キーホルダーも見たような気がします。

小浜のソテツや、神社の境内のソテツは
人がおもしろ半分に捨てた種から生えたのかも知れません。
かなり生命力が強いそうです。
Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
Home   Top
 
プロフィール

 ★katsuya.t

Author: ★katsuya.t
皆様、お元気ですか?
ご質問は ple☆nikichi.jp のkatsuyaまでお願いいたします。
(☆を@に変えて使用してください)


カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
welcome
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。