FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

nikichiな重大NEWSだぁー その4

nikichiな重大NEWS

第十位


s-nikichi2.jpg


スバリ blog「nikichi通信」開設 でしょう


ふとした思いつきでこのblogを始めたのは

4月3日のことでした。

以来約9ヶ月。

累計で7600を越えるアクセスをいただきました。

月平均850アクセス。

ROM(見てるだけの方々)も含めて十名そこそこのメンバーで、

ここまでアクセスしていただけるとは想像もしていませんでした。

皆様のおかげで、

世代を越えた新たな「交流」を楽しむことが出来ました。

本当にありがとうございました。


nikichiの最新情報や、小浜の様子を

時々ご紹介するだけのつもりでしたが、

皆様の近況報告や「お出かけ日記」などの記事もいただき

とても暖かなblogになりました。

皆様のご協力に、深く感謝いたします。


今後は一人でも多くの方々にお越しいただき、

一言でも「足跡」を残していただけたらと思います。


そして、皆様のより多くの「記事投稿」を望んでいます。

ここの使い方がわからなければ、メールで記事や画像をいただけば、

わたくしkatsuyaが記事にしてUPいたします。

メールアドレスは「ple☆nikichi.jp」(☆を@に代えてください)


それでは皆様、来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ、よいお年をお迎えください。



ん???

nikichiな重大NEWS、

「いきなり第十位って、手を抜いたな!!」 ってですか?

抜けてる順位には、

皆様のおうちにあった、明るいNEWSを入れてください♪


スポンサーサイト
Home |  Category:ご連絡 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

nikichiな重大NEWSだぁー その1

nikichiな十大重大NEWS



今年もあと3日を残すのみとなりました。

仕事納めも終り、

みなさま大掃除など、お正月を迎える準備にお忙しいことでしょう。

私は今から年賀状を作ろうかなんて

ノンキなこと考えています。



さて、先月末から募集いたしておりました


「nikichiな重大NEWS」


softbankぢゃぁーありませんが、

予想外(※)の応募をいただきました。

そして今朝までかかって、やっとこさ選定を終えたのであります。


あまりにネタが多いので、2~3回に分けて発表いたします。
(決して「年賀状作成が気になってblogどころではない」と言うわけではありません)


※予想外の数=0件





第一位

.nikichiだよ、全員集合!



堂々の第一位は

「nikichiだよ、全員集合!!」


「全員集合」とはいきませんでしたが、3世代揃っての大集合。

人数だけならもっと多いこともありましたが、

3世代の集合は初めてでしょうね♪


残念ながら私は参加出来ませんでしたが、

メールや写メールで、雰囲気だけ送っていただきました。

すばらしい思い出となって、みなさまの心に残っていることでしょうね。

せっかくですので、画像に写っている方々を

HN等でご紹介させていただきます。



左から順に

ヨッシーくん(toshichanさんの長男)

Koちゃん (日暮の"とし"くんの長男)

toshichanさん

日暮の"とし"くん

おっちゃん(nikichiオーナー)

いわくらージイーさま(toshichanさんのお父さん)

ひろーKくん(ヨッシーくんの弟)

岡山・M.T氏(katsuya & 日暮の"とし"くんの父)
 





乾杯だい






それでは「2位」は・・・



        *
        

        *

        
        *


        *


        *







bosatu


 
  ちょっと休憩・・・



Home |  Category:ご連絡 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback

nikichiな重大NEWSだぁー その2

続きまして・・・

第二位

じゃんじゃかじゃぁ~ん♪

岡山・MT氏、
「第13回全日本シニア写真コンテスト」 金賞受賞!!


うちの父の話題ですみません。

写真歴50年。

日本一は、やっぱりスゴイと思います。

詳しくは 「こちらの記事」←クリック をご覧下さい。





第三位

konyaku



大鳥羽H家の e-chan 婚約!

画像がないので、ripokoのイラストを勝手に載せました。

ここnikichi通信では、なぜだか話題になりませんでしたが、

おめでたいことです。

しかもお相手はアメリカ人のデービット氏。

お兄さんの yoshi-t くん。

もう少し宣伝するなり、自慢するなり、話題にしてください。





第四位


優勝カップ



ダルマンちゃん、
バドミントン東備地区大会で優勝!


すばらしい。

お父さんの 日暮の"とし"くんは、

きっと会社や近所で自慢しまくったことでしょうね♪

次回の試合は是非、みんなで応援に行きましょう(^_^)v




さて・・・

ここから先は、話題がショボくなりそうな気配が


     *


     *


     *


     *

今からでもけっこうです。

どなたか「nikichiなNEWS」ネタ、

送ってくれませんかねぇ・・・


待ってまーす

Home |  Category:ご連絡 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback

nikichiな重大NEWSだぁー その3

第五位

寝相



夏、子供3人の寝顔をM・T氏に撮られる!!


画像がないので、MT氏作成の「写真誌」から転写。

ところでこれって・・・

NEWSなんですか???




第六位



皇太子殿下



katsuya、皇太子殿下と目が合う!


場所は大阪中之島本通り。

インターハイ会場からロイヤルホテルに向かう皇太子殿下。

警備の警察官から

「交差点のあたりで、スピードを緩めてご挨拶をされます」

そう言われたのですが

交差点から少し離れた場所に一人で立っていました。

殿下の車は私のいる場所までスピードを上げず

窓を開けて手を振ってくださったのです。

感激しました。




第七位


oh my god !




nikichiのテレビ、壊れる!


ある意味、ゆゆしき問題です。

8月下旬、ripokoたちとnikichiに行った時には映ってました。

11月には映らなかったとか。

NHKしか見ることの出来ないTVですが、

新聞が読めないので貴重な情報源です。

せっかくビデオデッキを置いて来たのになぁ・・・。

今も映らないのでしょうか?

ただし、ビデオ&TVや入力切り替えとか

リモコン操作の問題かも。



どなたか nikichiにTVを~!!




「nikichiな重大NEWSだぁー」明日に続く・・・かも

.


Home |  Category:ご連絡 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

光のルネサンス~大阪・中之島~

光のルネサンス1


世の中、クリスマスで浮かれております。

うちは関係ありません。いつもと同じです。

とは言うものの、26日まで大阪・中之島でやってる

「光のルネサンス」を見に行ってまいりました。


大阪市役所あたりから、バラ園にかけてのイルミネーション。

音楽に合わせて光が変化する「光のショー」や

図書館に映し出される「光のタペストリー」が

30分ごとに21時くらいまで行われています。

26日までですが、神戸ルミナリエと違って

たいした人出ではありません。


光のルネサンス2



市役所前の光のツリーや

ライトアップされた公会堂や水晶橋。

ルミナリエには負けますが、「会場まで2時間待ち」なんてこともなく

光のタペストリーだけが「総入れ替え制」です。

「光のルネサンス2006」で予習しておくといいかも。


公会堂



水晶橋

Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback

琵琶湖疏水~蹴上界隈

琵琶湖疎水



歴史ネタではありませんが。

久しぶりに晴天下で写真を撮りたくて、京都に出かけました。

ところが京都に着いて、先ずは腹ごしらえのkatsuya夫婦。

王将で餃子と唐揚げで一杯引っかけてるうちに

またもや京は曇り空・・・。



予定を変更し、たまには神社以外の場所に行くことにしたのです。

紅葉はほとんど散ってしまいましたが、私たちの顔は真っ赤っか。

昼間っからどうかとも思いますが、

お出かけの時の「」はやめられません。




南禅寺


南禅寺三門を見上げながら、琵琶湖疏水を目指しました。


飲むと坂道がキツイのはわかっているのですが、

今日(16日)はいつもより多めに飲んじゃいました。

500円も納めなければいけませんが、

この三門の上からの眺めは最高です。

梯子のような急な階段を上るので、

ミニスカートでは無理です。



琵琶湖疏水2



琵琶湖疏水3



ここを歩いているときに、観光客らしいおばちゃんに

「清水寺はどっち?」と聞かれました。

逆方向を教えてしまいました、ごめんなさい。

でも、清水寺方向にここを歩いても蹴上に出てややこしくなります。

結果オーライということでお許しください。



琵琶湖疏水4



南禅寺の南から琵琶湖疏水の流れに沿って歩きました。

蹴上(けあげ)には発電所や浄水場があります。

こんなものまで、京都の風景にとけ込んでいるから不思議です。



紅葉



人間だけでなく、

木の世界でも遅れてるヤツはいるもので

ところどころで紅や橙の枝が、恥ずかしそうに風に揺れていました。





インクライン


有名なインクライン。

ハイヒールの彼女とデートするのはやめておきましょう。

歩きにくいですから。

「インクライン」と言っても、

インクで描いた線のことではありません。




日向大神宮1


蹴上から少し山を登ると、

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)があります。

伊勢神宮のように、内宮・外宮に別れています。

昔は東海道の旅人や、伊勢にまでは行けない都人で賑わったとか。

画像手前が外宮(げくう)、

奥の一段高い場所にあるのが内宮(ないくう)です。

「プチ伊勢」といった感じの神社ですが、

外宮では伊勢の外宮とは違う神が祀られています。



日向大神宮2


内宮は伊勢神宮と同じく「天照大神」が主祭神。

ただし「宗像三女神」も祀られています。

「日向」という神社名でも想像できますが、

伊勢よりも九州の影響が強いのかも知れません。


参拝者もほとんどなく、穴場的場所です。

しかし最近は、桜や紅葉の季節には多くの人が押し寄せるとか。


若いみなさん、

デートコースの参考にしてください。

.
Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment11  |  Trackback

豊国神社(とよくにじんじゃ)

豊国神社(京都)


日暮の"とし"くんの「鎌倉」に続いて、歴史ネタです。
大阪城にある「豊国神社」(少し前の記事「真田幸村ゆかりの地」でご紹介しています)は、「ほうこくじんじゃ」と呼ばれます。
ここ京都にある「豊国神社」は「とよくにじんじゃ」と呼ばれています。
ただしこの神社の東にある、豊臣秀吉の墓「豊国廟」は、「ほうこくびょう」と呼ばれているようです。


豊国神社(とよくにじんじゃ)

■御祭神 豊臣秀吉(豊国大明神)

豊臣秀吉は慶長3年(1598)8月、伏見城で亡くなった。
齢(よわい)63歳という。
戒名「国泰裕松院殿霊山俊龍大居士」


以下「豊国廟(ほうこくびょう)」由緒書より抜粋。

「遺体は、遺命により阿弥陀ケ峰中復に葬られ
墳上には祠廟、山麓には社殿が建立された。
翌年後陽成天皇から正一位豊国大明神の神階と神号を賜り、
以後毎年盛大な祭礼(豊国祭)が取り行われた。
しかし、元和元年(1615)豊臣氏の滅亡と共に、廟は破戒され、
墳墓に弔する人もなく、空しく風雨にさらされていた。
明治30年(1897)、秀吉の300年忌に際し、廟宇が再建され、
墳上には巨大な五輪石塔が建てられた。
なお、社殿は、明治13年(1880)、
旧方広寺大仏殿の地に、豊国神社として再建されている」

現在の豊国神社は京都市東山区、国立博物館の北に鎮座。
すぐ南には三十三間堂(蓮華王院)があります。
観光客が押し寄せる三十三間堂に比べ、訪れる人も少なくひっそりとしています。

豊国神社の北には方広寺。
今は豊臣家を滅亡させる口実となった問題の大梵鐘が残っているのみです。


梵鐘1



この大鐘は、家康が秀頼と淀君に勧めて再興させた大仏とともに鋳造したものです。
しかしそこに刻まれた「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が
「家康の名を2分して国安らかに、豊臣を君として子孫繁栄を楽しむ」
と、いう意味だと家康を怒らせ、
大阪冬の陣が起きるきっかけとなったものと言われています。
大梵鐘の銘文の問題の部分が、白く囲ってあるのが見えるでしょうか。
その部分をズームアップして撮影したのが、下の画像です。



梵鐘2



なんとなく「因縁をつけられた」って感じですね。



豊国廟(豊臣秀吉墓)は、豊国神社の南から七条通を東に向かった場所にあります。
東山七条から京都女子大へと続く坂を登ります。



新日吉神宮1


新日吉神宮2



途中に鎮座する「新日吉神宮」も、立派な社殿ながら
参拝者も少なくひっそりとしています。

豊国廟(ほうこくびょう)参道の途中にあり、
秀吉の幼名が「日吉丸」であることから豊臣秀吉ゆかりの神社と勘違いしそうです。
しかしここ「新日吉神宮」は「いまひえじんぐう」と読み、
日吉大社の神を勧請(神の分霊を祀る)した神社です。
日吉大社は滋賀県の大津市にあります。
ちなみに日吉 (ひよし)を「ひえ」と読むのは、日吉大社が比叡山(ひえいざん)に鎮座するからだそうです。

日吉山王神の眷属(けんぞく=神の使者)は猿。
ここ新日吉神宮にも、狛犬ではなく阿吽の神猿が社殿を護っていました。
幼名「日吉丸」と「猿」、秀吉とのただならぬ縁を感じずにはいられませんね。



豊国廟1



新日吉神宮から更に坂を登ると、豊国廟拝殿に出ます。
ここで参拝料(50円)を払います。
ここからは、まっすぐに伸びた階段を上ることになります。


豊国廟2


豊国廟4




途中で平らな部分があり、神門があります。
しかし手すりのない急な階段は、
合わせて565段あるのだそうです。

インターネットでここを検索したとき、
「山頂からの京都の街の雄大な眺め・・・」という記事がありました。

かなりキツイ階段でしたが、
豊国廟参拝と、すばらしい眺望を期待して上りました。




豊国廟3

豊国廟5



山頂の五輪石塔は、秀吉らしい巨大なものでした。
高さはおよそ10mあるそうです。

階段の工事も大変だったと思いますが、
こんな巨大な石塔(材料)をここまで運び上げるのも大変だったことでしょうね。

ちなみに、景色は見ることが出来ませんでした。
木々の間からちらちらと街並が見えるだけ。
12月でさえこれなので、木が生い茂る季節には
ほとんど眺望は望めないと思います。
まんまと騙されてしまいました。

でも、見た目ほどきつくはなかったです。


Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback

鎌 倉    by日暮の"とし"

7日(木)に会社をお休みいただいて、念願の鎌倉に行ってきました。
東京から電車で1時間ほどで到着しました。
こんなに近いならもっと早く行けば良かったなぁと。
周遊券を使って、たった¥1970で行けるのです。




鶴岡八幡


JR鎌倉駅に到着したら、まず「鶴岡八幡宮」に。徒歩約10分です。
武家源氏・鎌倉武士の守護神で鎌倉八幡宮とも呼ばれています。
多くの国宝・重文・国指定史跡を有する、鎌倉屈指の有名な神社です。



若宮


鎌倉駅から鶴岡八幡宮への参道は「段葛」と呼ばれる、日本の道百選
に選ばれた美しい道です。写真でもおわかり頂けますが、500m強
あるサクラ並木ですので、春はキレイでしょうねぇ。
途中、地ビールの「鎌倉ビール」を頂きました。おいしかったです。
お参り後、大銀杏の黄葉を愉しんだ後、源頼朝が祀られる白旗神社に。



頼朝


源頼朝のお墓です。
ripokoさんやヨッシーさん,ダルマンちゃんは鎌倉時代は習った?
ご存じの通り源頼朝は鎌倉時代・初代将軍です。
都内にある徳川家の墓は塀に閉ざされて近寄ることもできないのに、
普通にお参りできて、触ることができるというのも奇妙な感じでした。
その後、小山を抜けて鎌倉宮で再度お参りして鎌倉駅に戻ります。
そして、テレビでしか見たことがなかった念願の江ノ電に!



江ノ電


江ノ電の先頭車両からの写真です。
なんと、線路沿いに民家の玄関があります。線路が生活道路なの?
江ノ電で極楽寺駅に到着後、国内最大の木造観音像が安置されている
「長谷寺」に立ち寄って高徳院へ。



大仏1


大仏2


ついに来ました。鎌倉大仏様です。
ripokoさん、ヨッシーさん、ダルマンちゃん、教科書で見たことある
よね?!(最近日本史をあまり習わないそうですが…)
過去2回の大仏殿の倒壊で、その後数百年以上野ざらし状態の大仏様。
お気の毒です…。
大仏様の裏手に回ってみたら、なんと通気口がありました。
写真にはありませんが、なんと大仏様の中にも入れました。
ここでも黄葉を愉しんで再度江ノ電に。
やはりここまで来たら、いざ「江ノ島」に!



江の島1


サザンの音楽が流れてきそうです。
島では地ビールの「湘南ビール」と焼きたてせんべいを食べました。
生しらすや焼き蛤を食べさせてくれるお店がたくさんありましたよ。
島に着いた時、既に16時を過ぎておりましたので早々に帰途に。
最後に江ノ電・江ノ島駅の写真を。



江の島2


いいところでした。是非今度はmy奥さんと来たいですね。
お勧めです。

Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment9  |  Trackback

エスカレーターの立ち位置

エスカレーターってのは、
今さら説明するほどのものではありませんが、
都会ではそのエスカレーターを駆け上ったり降りたりする人がいます。

で、そういう「お急ぎの方のために」ルールが出来ています。
大阪では左側を空けます。
東京ではその逆で、右側を空ける。

判断に困るのが京都です。
関西だから「大阪流」で通そうとすると
右側に立っているのが、私だけだったりします。
観光客が多いせいかと思っていましたが、
そうでもないようです。

京都ではエスカレーターのルールはないのでしょうか?


先日、同じ内容でとあるサイトに掲載したところ
お友達から反響をいただきました。

ロンドンでは「Stand on the Right」の表示があって
大阪方式(笑)だそうです。
ニューヨークでも同じ。

神戸もどうやら大阪と同じだそうです。
札幌は「エスカレーターでは歩かないでください」とのアナウンスが流れているそうです。

で、京都。
東京のように「左側に立つ」って意見もありましたが、
京都の方によると
「どちらって決まっているわけでなく、
前の人が立ち止まった方に立ちます」
とのこと。

そうなんですか?
Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback

糺ノ森

糺ノ森 冬


おNEWのカメラを持って、京都に行ってまいりました。

ピークは過ぎたとは言え、紅葉の名残を楽しめました。




下鴨神社


逝く秋を惜しむかのように、

どこに行っても朝早くからたくさんの人出でした。

京都には「穴場」がなくなってしまったようです。
Home |  Category:季節 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback
Home   Top
 
プロフィール

 ★katsuya.t

Author: ★katsuya.t
皆様、お元気ですか?
ご質問は ple☆nikichi.jp のkatsuyaまでお願いいたします。
(☆を@に変えて使用してください)


カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
welcome
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。