FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

やっと秋ですね

nikichi 2007.9.24



お彼岸のお墓参りで、4ヶ月ぶりのnikichi。

いつも 「nikichiでのんびりしたい」 と思うのですが、

二泊三日では正味の滞在時間は1日半。

そのうち半日は家やお墓の掃除をし、

加えて「定番」のプラントの買い物、せいわ(箸)、

瓜割の滝の水汲みに、神社巡り。

やっぱりバタバタと慌ただしい3日間でした。



常神半島



今回はフラっと三方五湖の方に出かけましたが、

レインボーラインは通らず、常神岬へと向かいました。

残念ながら天気は曇り。

晴天ならもっときれいな景色だったでしょうね。



常神半島2



山肌を縫うように走る県道からは、こんな光景も。

高所恐怖症の気(け)がある私は、始終へっぴり腰での撮影でした。


今回は大鳥羽のH家にご挨拶に伺い、たいへんお世話になりました。

e-chan の披露宴の写真を、たっぷり拝見させていただきました。

素敵な家族、素敵な場所には、いい時間が流れるのですね。

H家におじゃまするといつも、

「私も、もっと誠実に生きなきゃいけないな」と思うのです。




園部町にて



それにしても厳しい残暑が続きましたね。

上の画像は24日、nikichiから帰る途中の園部町あたりのもの。

なにげなく撮ったものですが

よく見ると不思議な光景です。

今が盛りとばかりに咲くひまわり。

ちらほらと咲き始めた秋桜。

本来なら主役であるはずの彼岸花が、

林の木陰で出番待ちをしているかのように控えています。

昨年のこの日も、同じような場所で写真を撮りながら帰りました。

黄金色の頭を垂れた稲穂と、あぜ道に競い合うように咲く彼岸花。

昨年は確か、そんな光景があちこちに見られたと記憶しています。







彼岸花2007



「お彼岸」なので、律儀に咲く彼岸花。

昨年の同日は最盛期を過ぎた感じでしたが、

今年はまだ「咲き始め」といった感。

9月になっても真夏のような暑さが続いたせいでしょうか。

そう言えばこの日の前日、

TVのニュースでも「水の事故」が報じられていました。


昨日あたりから、やっと秋らしくなりましたね。

なんとか衣替えに間に合ったようです。

昨夜は寒くて目が覚めたほどです。

季節の変わり目です。

風邪などひかぬよう、皆様お気をつけください。



スポンサーサイト
Home |  Category:季節 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

久しぶりの更新です

船弁慶


夏休みのnikichiでの写真でも届かないかと

首を長くして待っておりましたが・・・笑


先日、日本の伝統芸能のひとつ

「能」を観てまいりました。

行ってきたのは能楽堂ではなく、近代的なホールの特設ステージ。

入場料はたったの1000円(能楽堂は4千~8千円)!!

TVなどで観ると、なんともつまらない芝居のようなイメージですが

生の舞台はなかなか迫力がありました。

今回の演目は「船弁慶」という曲。

あらかじめあらすじを頭に入れて観ると、

意外にも充分楽しめるものです。

新作能でなければ、書店や図書館に

あらすじや口語訳された本があります。


能とは必ず同時にある狂言は

予習していなくても理解出来ます。

狂言は「棒縛(ぼうしばり)」

太郎冠者・次郎冠者の盗み酒に頭を悩ませている主人が

二人を騙して縛ってから出かけるが、

それでも二人は「宴会」をしてしまう。

そこに主人が帰って来るというストーリー。



品のない裸芸や

テロップが出ないと理解出来ず、ギャグも聞き逃してしまう。

そんなテンポの速い現代のお笑いと違い、

狂言は何ともおおらかなコメディーです。


「船弁慶」は、源義経と弁慶の物語。

頼朝から追われる身となった義経一行は、悲しむ静御前を都に帰し

西国へと尼崎から船出。

海上で嵐のような天候の中、平智盛の亡霊と戦うストーリー。

歌舞伎や浄瑠璃にも取上げられた、

約500年前に作られた名作なのだそうです。



能を観るのは今回が2回目。

初体験は一昨年の「大阪城薪能」でした。

そのとき演じられたのは、井沢元彦作の新作能でした。

次回は是非、能楽堂で鑑賞したいと思います。

すっかり能のファンになってしまいました。


ところで わたくし

約4ヶ月ぶりにnikichiに行ってまいります。

お彼岸なので、お墓参りです。

忙しい皆様の分も、参りて候(能の謡い風)






Home |  Category:見る |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback
Home   Top
 
プロフィール

 ★katsuya.t

Author: ★katsuya.t
皆様、お元気ですか?
ご質問は ple☆nikichi.jp のkatsuyaまでお願いいたします。
(☆を@に変えて使用してください)


カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
welcome
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。