FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

若狭の絶品カレーパン

IMG_1430.jpg



前回の記事にも書いたように

先月の中旬、およそ1年半ぶりにnikichiに行きました。

早いもので、現在の家も20年を越えているのではないでしょうか。


ご覧のように、役目を終えた古いほうの家が

見るたびに老いていくのも仕方ないことですね。


私たちにとっては、nikichiと言えばやはり古い方の家。

この家には、子供の頃の楽しい思い出が詰まっています。





IMG_1421.jpg


現在の道は、ほぼ家と同じ高さにありますが

昔は少し低い場所にありました。

玄関に向かうには、子供だった私には少々キツイくらいの坂を上った記憶があります。




この写真を撮った時には解けていましたが、

到着した日には少し雪が残っていました。

nikichiにも、春がやってきます。

今度は toshi-miくんたちがnikichiに行く予定だそうですが

その時は、妙祐寺のしだれ桜を見に行って欲しいです。

是非このブログで、その画像を紹介してください。

毎年、妙祐寺の桜を見たいと思いながら

なかなか桜が咲く時期に合わせて行くことが出来ません。


小浜や名田庄の桜は、4月中旬が見ごろのようですが

妙祐寺のしだれ桜は、少し早めに満開になるようです。

過去に2回ほど、4月中旬に小浜に行っていますが

妙祐寺のしだれ桜は散ってしまっていました。



前回のブログで、河村商店の焼き鯖をご紹介しましたが

もう一品オススメのものがあります。

nikichiからの帰り道、おにぎりでも買おうかと立ち寄ったお店に

絶品のカレーパンを見つけました。


お店の一番奥に、たまたま見つけたのですが

そのお店の自家製カレーパンとドッグ・ロール。

見るからに美味そうだったので、迷わず買いました。


あまりにも美味そうだったので、辛抱出来ず

そのお店の駐車場で家内と二人

カレーパンとドッグ・ロールを完食(笑)

名田庄ではいつも、きゅうりの名田庄漬けと

じねんじょ入りの名田庄そばを買って帰りますが

またひとつ買うものが増えました。


そのお店はパン屋さんではありません。

お酒&食料品を売っている田舎のスーパーです。

先ほど電話して確かめましたが、日曜日限定のパンだそうです。

朝一からあるわけではなく、お昼頃からの販売だとか。

私たちもお昼頃寄ったのですが、確かにちょっぴり温かかったです。


日曜日のお昼頃からの限定販売なので

バタバタと慌ただしい時間帯かも知れませんが

nikichiからは車で10分ほど、国道162号線沿いにある

カネイチというお店です。

おおい町名田庄に入ってすぐ、京都方面に向かって右側にあります。

駐車場を挟んでお隣に小さな美容室があります。

場所は下のお店名をクリックすると、お店周辺の地図に行けます。



おおい町名田庄三重 カネイチ mfweb.gif
          0770-67-2220









.
スポンサーサイト
Home |  Category:ご連絡 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback

鯖街道 ~御食国若狭~

ご無沙汰いたしております。

なんとこのブログ、4ヶ月も放置しておりました。

「貧乏ヒマ無し」とはよく言ったもので

ただただ、無用にバタバタといたしておりました。


ここ10年ほど、毎年5~6回はnikichiに行ってた私ですが

昨年は1度も行けず、欲求不満が溜まっておりました。

先日、実に1年半ぶりにnikichiに行くことが出来ました。


で、今回は

今さらながらの 小浜ネタです。





「京は遠ても 十八里」


鉄道も自動車もなかった時代、

若狭で獲れた魚は険しい峠を越えて

近江、大原を経て京の都へと人の手で運ばれていました。

運ばれる魚介類の中で、特に多かったのが鯖。

なので、若狭から京への道は「鯖街道」と呼ばれていました。


「京は遠ても 十八里」


背中に背負えるだけ鯖を背負った行商人たちは

「あと十里」

「あと八里」

次第に明け来る街道の一里塚を横目に、

自分自身を励ましながら京の都を目指して歩いたのでしょう。


鯖のほか、さまざまな海産物が都に運ばれ

それらは天皇にも献上されたので、若狭は御食国(みけつくに)と呼ばれます。


鯖は腐りやすい魚で、

「数を数えているうちに腐る」と言われるほど。

腐る前に目分量で数えたことから

「サバを読む」の語源になったとも言われます。

しかしどんなに急いでも、所詮は人の足。

都まで十八里とすれば、十数時間はかかったのではないでしょうか。





IMG_1344.jpg




小浜・いづみ町商店街にある

「鯖街道・起点」の石版。

小浜の魚なら小浜港にあるフィッシャーマンズ・ワーフや

若狭小浜お魚センターも有名ですが

「焼き鯖」ならいづみ町です。






IMG_1343.jpg




いつ行ってもひっそりとしていますが

焼き鯖はいつでもどのお店にもたっぷりあって

そして不思議といつの間にか売れています。





IMG_1346.jpg



焼き鯖の店で一番有名なのが、この「朽木屋」さんです。

若狭の焼き鯖は大きな鯖をまるまる1本、串に刺して焼きます。

見た目はどのお店のものも同じなのですが

うまく焼くには裁き方や火加減など

熟練の技を要するのだそうです。





IMG_1420.jpg



朽木屋さんの焼き鯖は、専用のガスコンロで一度にたくさん焼かれています。

おいしいのですが、その焼き方には少々疑問を感じるので

今回は朽木屋さんの斜め向い、いづみ町アーケードの端っこにあるお店

「河村商店」さんの焼き鯖を買いました。

実はここの焼き鯖は炭火焼で

窓際の炉を見るとわかりますが、数本ずつ丁寧に焼いているのです。

私の個人的な感想ですが、私は河村商店さんの方がおいしいと思っています。



ちなみに、焼き鯖の右下にあるのは

こちらも小浜名物の「小鯛の笹漬け」です。

津田孫兵衛のものがお勧めです。

昔ながらの杉の樽に詰められていて

その杉の香りもまたGOODなのです。



さて、若狭から近江を越える鯖街道。

京の都は下鴨神社近くにある出町橋の西詰めに

ひっそりと「鯖街道」の石碑が立っています。

この石碑の前で立ち止まる人はいませんが

若狭にご縁が深い私にとっては、ちょっとしたチェックポイント。

以前から撮っておいた画像が、やっと日の目を見ます。






IMG_0031.jpg










.
Home |  Category: |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
Home   Top
 
プロフィール

 ★katsuya.t

Author: ★katsuya.t
皆様、お元気ですか?
ご質問は ple☆nikichi.jp のkatsuyaまでお願いいたします。
(☆を@に変えて使用してください)


カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
welcome
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。